急成長中の魅力的な市場

前年比2倍の急成長市場

太陽光発電協会によると、平成22年4月~6月の太陽電池セル・モジュールの国内出荷量は、昨年比2倍以上の伸びがありました。国内はなかなか景気回復の実感がもてない中、太陽光発電市場は数少ない成長市場です。

政策の追い風

2009年9月、鳩山前首相がニューヨークの国連気候変動サミットにおいて、温室効果ガス排出量を2020年までに1990年比で25%削減することを表明しました。この宣言を受けて、CO2を排出しないクリーンエネルギーである太陽光発電への期待はますます高まっています。

国や地方自治体は手厚い補助金を用意し、さらに太陽光発電による電力を2倍で売電できる制度も始まりました。

こうした政策の追い風によって、太陽光発電業界は未曽有の活況を呈しています。

相次ぐ新規参入

これだけ急成長している業界なので、新規参入する企業は後を絶ちません。ところが、すべての企業が計画通りに収益をあげられているわけではありません。この業界できちんと顧客に価値を提供し、収益をあげていくために必要なことは数多くあります。効率よく新規事業を立ち上げていきたいとお考えなら、まずは株式会社ソーラーパートナーズにご相談ください。

お問い合わせはこちら